トップ

豊胸手術はばれる

豊胸手術はばれるのか

豊胸手術がばれる可能性

バストが小さい女性の中には豊胸手術を検討している人もいるでしょう。豊胸手術を受ければ、憧れの豊かなバストを手に入れることができます。恋愛などにおいても自信が持てるようになるでしょう。しかし、豊胸手術をしたことがばれてしまうことを危惧する女性も少なくありません。どんな場合にばれやすいのか、あらかじめ知っておくことが大切です。こちらを見てみましょう。豊胸手術を考えた方のための情報サイト


脂肪注入の方法で手術をした場合には、触感でばれることはあまりありません。彼氏と夜の営みをしても平気でしょう。手術跡でばれそうにも思えますが、バストと身体の間辺りから脂肪を注入するため、意外と分かりにくいです。ただ、脂肪吸引した跡は目立ってしまうため、そこからばれる可能性があります。

これに対して、ヒアルロン酸注入法で手術をした場合には、自然なバストと比べて硬くなってしまうケースが多いです。そのため触感でばれてしまう可能性が高いでしょう。特にもともとのバストサイズが小さい人ほどその傾向が顕著です。傷跡は注射跡だけで、数週間程度で綺麗に消えます。そのため、ヒアルロン酸注入法なら傷跡でばれることはほとんどないでしょう。

そして、シリコンバッグ豊胸の場合にも、もともとバストが小さい人は触感でばれやすい傾向にあります。また、腋の下に手術跡が残るため、ノースリーブなどを着るとばれてしまうことが多いでしょう。他の2つの手術方法と比べて、ばれる可能性が高いと言えます。

そして、いずれの方法で手術した場合でも痛みを伴います。触感や傷跡よりも痛みでばれてしまうことが多いです。特にシリコンバッグ豊胸は痛みが強く、長く続くため分かりやすいでしょう。

Copyright © 豊胸手術はばれるのか. All rights reserved.